E判定から京大文学部を目指す高校生のブログ

京大文学部を目指してます。高2冬E判定…(進研・河合)

時間を気にしながら数学の問題を解くのが嫌いだという話

 共通テスト対策の問題集(冬休みの宿題)を今解いています。各大問に、目安時間(10分.など)が書かれている数研出版の問題集です。(うちの学校、数研出版好きすぎww)

 

大学入学共通テスト対策 数学I・A+II・B 上級演習PLAN120|チャート式の数研出版

 

 教師からは、タイマーで目安時間を計って、時間になったら一旦解き辞めて、その後に終わらなかった問題を解いた後、丸付けをするように言われています。

 

先生から言われた解き方

1,タイマー計測開始

2,問題を解く

3,タイマーが鳴る

4,どこまで解けたかメモ

5,残りを解く

6,丸付け

7,時間内に解けた分と、時間外に解いた分で別々に点数を付ける

 

苦手な理由

 しかし、私はこういう勉強の仕方が苦手ですし、嫌いです。まったく問題に集中できなくなってしまいます。

 

タイマーが気になる

 まず、タイマーが気になって、問題を解くどころではなくなります。定期試験や模試などでは、私も時々時計を確認しますが、それは一大問終えた後の一瞬の息抜き時間や行き詰ってしまったときに見ています。ところが、目の前にタイマーがあって、しかも大門ごとの時間配分もくそも無い「10分」という短い時間で区切られてしまうと、問題を解いている途中でも、つい気になってタイマーを見てしまい、全く集中できません。

 

タイマーの音で思考が乱される

 第二に、タイマーの音で思考が乱されます。ようやく解答が佳境に入り、気分が乗ってきたところで、タイマーの音で集中力がブチ切られます。ちょうど、大問のなかで、最も考えなければならないメインディッシュを頂いているときに、集中力を着られるのは致命的です。さっきまで見えていた道筋が霧の中にかき消されてしまいます。

 

1問解くごとに丸付けしたくない

 また、解いて→丸付け、のサイクルを1時間に何回も繰り返すわけですが、問題を解きながら高まって来た集中力が、丸付けの間に消えてしまいます。僕は、試験中、だんだん集中力が高まっていくタイプです。問題を解けば解くほど、解くのが楽しみになって、他のことが見えなくなります。人間の集中力は、およそ1時間持つと言われていますから、本当は、1時間ずっと問題を解き続けて、その後に纏めて丸付けをしたいわけです。

 

まとめ

 共通テストに向けて、こういう勉強の仕方・試験内での時間配分、それは大切なのかだろうと思いますし、解く→丸付けをすぐやることが間違ったポイントへの対処として有効なのかもしれません。それでも、一問一問をそういう制約なしで純粋に問題として解きたいと思ってしまうのです。

 

 今日は、目次機能を使ってみたかったので、使ってみました(語彙力)。

 

ポチッと一押しお願いします<(_ _>

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

大学受験ランキング
↑クリックお願いします。

(c) 2020- 須田弟伊

画像・文章・その他このブログのコンテンツの無断転載を禁じます。引用につきましても、なるべくご連絡をお願い致します。

Googleアナリティクス設置しています。Cookieの使用にご理解願います。

↓にほんブログ村参加中↓

にほんブログ村 高校生日記ブログへ にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校2年生へ にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↓ブログランキング参加中↓